HOLY'S BLOG

お弔い

今朝、ねずみのお弔いをした。

物干しのガラクタ、うちに入れられないまま外置きとなっている木箱に重ねたクーラーボックスの上にネズミが死んで横になっていた。

 

このところ、野生動物のお弔いが続いている。イタチ、すずめ、そしてネズミ。

少し前になると、カモも弔ったことがある。川っぺりではなく、住宅地の木の影にゴロンと死んでいたのだ。

イタチとスズメは、自転車で走ってる道路の脇で。

 

今朝のネズミ。

どこに埋めようか考えて、うちの賃貸の小さな庭の、前住人の代からあるであろう山茶花の根元にする。

穴を深めに掘って、手とスコップを使ってネズミの体を持ち上げる。

指先でネズミのお腹を撫でてみた。まるで力無く、ふわっとしている。

小さな黒い目を見開いている。

思い掛けず死んでしまったのか。

野生動物の不慮の死に出会うのも、縁だと感じる。

弔ってくれそうな人の目につくように、死ぬんじゃないかしら。

一刻一秒を争う働き人の前ではなく、ちょっと暇そうな人の目につくような場所を。

私がかつて大好きだった人も、動物の弔いに縁のある人だった。

 

「がんばったね、おつかれさま」

土をかけながら、口に出た自分の言葉に驚く。

母が亡くなる時、私は同じ言葉をかけるんじゃないかしら。

今の母は、昔の母と比べると、力無く頼りもなく、フニャフニャしている。足も体も痩せ細り、パーンと張って立ち働いていた母の面影は、今の体を見る限り、ない。

シワの多すぎる、体に比べると大きすぎる手だけが、かつて働き者だった様子を表している。母が亡くなったら、このネズミのように、軽くて小さな空洞になるんだろう。

 

私は、昔の思い出もひとつずつ、何かしら、お弔いの儀式を重ねながら、心の置き所を定めてきたのかもしれない。

 

 

 

SHAELA @ 浄土寺

出張SHAELA@浄土寺
2021.10.24

昨年からの「働くセーター写真展」の巡回から、 @jamiesonsofshetland の毛糸販売会をやってくださるSHAELAのもとさん、惟さんと。
毎回バタバタで、今回初めて一緒の写真を撮っていただいた。

どの写真も全部笑ってて、一番愉快そうなのを選んでみました。
photo:Shinnosuke Yoshimori

 

HOLY’S @ 浄土寺

おかげさまで、京都の展示も無事終わり、広島に帰って2週間も経つ。

やっとたくさんの用事を片付け、いつもの作るばかりの生活へと向かっている。

浄土寺でのこと。

いろいろあったけれど、ようやく昇華し始めているところ。そうなると全て良かったと思えてくる。

仕事仲間に対して、思うところは多々あり、時間を重ねることで、深まることの多くを、胸の中に抱えている。

ただ「ありがとう」の言葉じゃなくて、

うまく言い表せない気持ちは、今度会う時、伝えられるだろうか。

淡々と日々は、それぞれの色に戻っていく。

この吉森さんに撮ってもらった写真の中には、私の胸に抱えている空気も表れているように感じる。

浄土寺の山からの流れる川の香りを、私はすぐに思い出せる。

 

 

 

 

photo: Shinnosuke Yoshimori

大樹郎さんの指人形

 

喫茶ホーボー堂大樹郎さんの指人形

喫茶ホーボー堂の佐藤大樹郎さんは、今、瀬戸物で出来た置物や、人形の頭に何か被せることにハマっておられるそうで、この指人形を買ってくださった。
他にも指人形はあったけれど「これが一番かわいい顔してる」と言って、HOLY’S初期のうさぎの指人形を選ばれた。

私は「京都にはそんな需要があるのか」と驚きながら、実はドキンとしていた。
この指人形は、輸入ボタンの買い付けと卸しをやってる会社からの依頼で、ボタンを使ったニットを作るきっかけだった。

ボタンを付けるニットを作りながら、ボタンの映えるニットを作りたい。

その頃に考えた手袋や指人形は、今もHOLY’Sの定番アイテムとなっている。

てんとう虫ボタンはいろいろあるけれど、ドイツはWAlter社のガラスボタンのてんとう虫は、色も形も愛らしく、
私は、うさぎのボディはシンプルに仕上げ、顔さえかわいらしく刺繍することに専念していた。
今でも、指人形の顔を刺繍する時は、いい顔になるようにぎゅっと集中する。けれどあの頃のワクワクとは、違ってきているのかもしれない。

今回の京都で、喫茶ホーボー堂さんのおはぎと、季節野菜弁当をいただいた。
おはぎは小ぶりながら、ひとついただくと体に染みて大満足。
お弁当は、栄養がたくさん詰まってて、パンチの効いた食べ応えのあるおかずばかりで、酵素玄米ご飯も本っ当においしかった。

大樹郎さんが、何にこのうさぎを被せるのか、楽しみにしている。

「働くセーター写真展」終了しました

今日をもって「働くセーター写真展」ホホホ座浄土寺店 @hohohoza の開催終了しました。
写真家・吉森慎之介さんの「働くセーター写真展」は「a sweater.」フェア中の無印良品京都山科で移ります。

 

写真は、今朝の船岡山です。
船岡山文化祭での「即興指人形」も宿題をふたつ残しながら、おかげさまで無事終了しました。
京都、または遠くからホホホ座へ、無印良品、岡崎公園、船岡山へと足を運んで下さったみなさま、本当に感謝しています。

今回の「働くセーター写真展」
東京は荻窪、本屋T i t l e、ホホホ座浄土寺店と、おかげさまで無事終えました。

私にできること。

私はまた作ります。

これからも、どうぞよろしくおねがいします。

1 4 5 6 7 8 9 10 11 12 172
1 4 5 6 7 8 9 10 11 12 172