HOLY'S BLOG

働くセーター写真展2021

「働くセーター写真展」
今年は、東京・京都と巡回します。
まず、東京は荻窪、本屋Titleさんにて、10月15日から始まります。

写真家、吉森慎之介さんによる「働くものの写真館」も開催されます。

ぜひ見にいらしてください♩


2019年の冬、私が働くセーターをInstagramで紹介すると、友達の声が聞こえました。
「もっといろんな人が着てるのが見たいな」
真っ先に思い浮かんだのは、あのパン屋さんです。

私はセーターを抱えて街に出ました。

パン屋さんに続き、銘木店、美容院、おいしいコーヒーを飲ませてくれるあのカフェと、
私には、このセーターを着てもらいたい人が、たくさんいました。
誰がどのサイズで、どのセーターが似合うかも、とてもよくわかるのです。

私が見る彼らの一番素敵な姿は、働く姿で、その景色にこのセーターは、とてもよく似合っていました。

自転車で動く私の行動範囲は、地図で描けるくらい馴染んでいて、私は、私の日常で彼らに挨拶をしています。

HOLY’S 保里尚美

働くセーター写真展
10月15日(金)〜10月18日(月)
場所 Title 2階ギャラリー

昨年、文化出版局から刊行した「働くセーター」の写真展と、撮影に使ったセーターの販売(すべてではありません。お渡しは、11月中旬になります。)

また限定5着の働くセーターの受注会を行います。
(セーター、税込60500〜 カーディガン、71500〜 ベスト〜52800〜 サイズによって値段が異なります。)

今回の企画としまして、「働くセーターを着たうさぎ(セーターブック付き)」の即売会も行います。(1体税込7480円〜)
共に数量に限りがありますので、ご容赦ください。

その他、HOLY’Sニット小物、ルームシューズなど並びます。


「働くものの写真館」

「働くセーター」の撮影を担当した、写真家の吉森慎之介
本書のタイトルにちなみ「働くものの写真館」をひらきます。
あなたが働くときに身につけているもの、使っているもの、
働くきっかけを作ってくれたもの、そして支えになっているもの。
大切にしている働くものたちをお持ちください。

日程:10月16日(土) 13:00-16:00
場所:Title 2階ギャラリー
内容:1日6組限定、働くもの1点の撮影(プリント1枚・データ1枚つき)
もの:90cm×90cmの空間に収まるもの
料金:5,000円(1カット/1プリント/1データ)

データはその場で、プリントは後日郵送させていただきます。

ご予約は写真館のお問い合わせフォームよりお申込みください。

「働くセーター写真展」

2021年10月15日(金)ー 2021年10月18日(月)
時間
12:00 – 19:30(日曜日は19時まで) *最終日18日(月)は17時まで
会場
Title2階ギゃラリー

働くセーター写真展

 

 

Ruby色の働くセーター

昨夜遅い時間、セーターが届いたと、お知らせをいただきました。

忙しい彼女が、やっとほっとできる時間なんだろうなと推測する。

昨年秋の受注会で、お受けしたオーダーが全て終わりました。

Ruby色のセーターに、
私なら、デニムと、白いソックスにバレエシューズを合わせてみたい。
siz:1 col.242

 

彼女の声が聴こえるようなメールだった。

エニシダ色のカーディガンを

働くカーディガン。
size:1 col.1140 Scotch Broom

なぜだろう。
作れば作るほど、働くセーターへの気持ちが真っ直ぐになっていきます。

昨日、お受け取りいただきました。
小さなメールのやりとりを重ねさせていただきました。

彼女はなんていうか、控えめな、言葉の美しい人です。

ありがとうございます!

昨年秋のオーダー会でお受けしました。あともう一着。

大切な友人への働くセーター

大切な人へ
働くセーターを。

私のフェアアイルも、キャスケットもレッグウォーマーも。。
上げればキリがないほど、知っててくれる友達のために。

今一番の自信作を。笑
着心地の良さを保証します。

カラーもすべて、任せてもらいました。

ダボっと着る女の子のオーバーサイズです。

col.:1340 Cosmos
size:4

ハグロトンボ

昨日朝のこと。

手入れの行き届かないうちの庭に、黒い羽で群青色のしっぽを揺らすハグロトンボが舞っていた。

そのヒラヒラと飛ぶ姿に、クロアゲハかと一瞬思った。

葉に留まると、優雅に羽を開閉する。

ツガイになるべく、相手を探しているのか。

そんな姿を見せてくれる。

 

いや、彼女が来てくれたんだ。

初めて会った時の、ギャラリーで次々と「これもいいですか?」なんて言いながら、私の作ったショールや帽子を試着する彼女。

「ついさっき、お金使っちゃったから、全然ないんですよ〜」と言いながら、私に確認すると、次々気になるニットを手に取っては身につけ、「カワイイ」と繰り返す。

全然いやじゃなかった。

広めのギャラリーをヒラヒラと飛び回り、手を振りながら帰ってった。

まるで、今日のハグロトンボのようだった。

その後、私達は長い時間をかけて、友達になる。

時に、彼女の思う良心とのすれ違いで、私は心を固くし、彼女の訃報が入った時には、まずそのことを深く後悔したけど、

私達は、それが最後ではなかった。

楽しい時間で、終わっていたけど、例の件で、頻繁に連絡を取らなくなったことは確かだ。

その後、私は猛烈に忙しくなり、全くの仕事関係のない彼女とは、疎遠になった。

そのほんの半年間の間に逝ってしまった。

 

彼女が私に何を話したかったかを思うと、その口を噤ませてしまったのは私。

ニコニコと、見守っていてくれるだろうか。

都合の良いことばかり、考えている。

 

1 2 3 4 5 162
1 2 3 4 5 162