HOLY'S BLOG

彼女のトナカイベスト

昨日の編み物クラブに参加してくれた久しぶりの彼女には、一昨年トナカイベストをお届けしました。

彼女と会えば「これどこで買ったの?」と洋服の話ばかりしています。
私が中学生の時、愛読してた「Junie」というファッション誌を「私も見てた」という数少ない人です。
あまりメジャーではなかったけど、掲載されてるブランド服のパターンが載ってる貴重な雑誌で、メジャーな雑誌よりトラディショナルな雰囲気でした。

なので、そんな彼女がこのベストをどう着てくれるのか。 お渡ししたのは夏なので、冬に会えるのを楽しみにしていました。

写真を撮らせてもらいましたよ。

ベースは混ざり毛糸の「cosmos」の名のついた濃紺に、伝統的な雪模様のパターンをブルーやライトグリーンのグラデーションに、トナカイのパターンを合わせました。

背中側は、こんな感じです。

そうです。
ガレット・デ・ロアで、フェブを当てた彼女です。
いいことたくさんありますように。

昨日の編み物クラブより

昨日の編み物クラブより。
おかげさまで、昨日もおもしろおかしい時間となりました。

私が忘れてることも、すぐに突っ込んでもらえ、はじめまして同士でもフォローが効いてて、ほんとにありがたいです。
うまく言えないんですけども。

「出来ました~♪」と出してくれたのは、アラン編みのミトンです。

ミトンを嵌めて見せる時のポーズって、どうがいいんでしょうね。(笑)
この日は、前にご購入頂いたHOLY’Sのエーデルワイスのブローチを付けておられました。
こんな風に、彼女の着こなしの中で、私の作ったものと、彼女が作ったものとがうれしいです。

昨日もおやつにガレット・デ・ロア焼いてみました。 アーモンドクリームはまたしても溢れ出たけど、フェブを入れるのは忘れませんでしたよ。

当たった人は。。

私がここに越してきて、初めて来てくれた彼女は、久しぶりの編み物クラブ。
部屋の光の具合や、広さを確かめて、 「いい所見つけたねぇ」と褒めてもらいました。

2月最初の編み物クラブ

2月になりました。雨降りの日曜です。
今日も月初めの編み物クラブが始まります。
足元を温かくしてお待ちしています。

いつも4~5人ですが、今日は6人いらっしゃいます。
久しぶりの方も、違う曜日でいらっしゃる方も、さてどんな雰囲気になるかしら。
おやつには、調子に乗ってガレット・デ・ロアを焼いてみました。
アーモンドクリームは、また溢れ出ました。

#holys編み物クラブ

今さらながら

最近、痛感したことがあります。

「古道具と古本は、出会った時に決めること」です。
それが友達の商いでとっても良い品物だとしても、身内の思惑など吹き飛ばし、すっかり手に入れた後、それがなんていい品物か、周りの友人に話すこと。
そうすれば自分がいい品物を手に入れても、「あの人の友達は良い商いをする人だ」と宣伝になるよね。
考えるより勘を効かせないと、
欲しかったものは手の届かない所に行ってしまいます。

これは母の内職仕事。
足踏みミシンは現役です。

Now On Knit

Jamieson’s Shetland Spindriftの原毛色で、前開きベストを編んでいます。
胸までニッティングベストを使い、袖ぐりのリブ編みを左右それぞれ用意して、輪針に持ち替えて身頃と繋げています。
肩を覆うベストと仕上がる予定。
ここから丸ヨークの技法で、胸回りから襟口まで続く計算をしています。

作り方は今のところ、まだお伝えできません。(笑)
辻褄の合う数字に当てはまるまで、しらみつぶしてるだけなので。

1 2 3 4 5 6 7 116
1 2 3 4 5 6 7 116