HOLY'S BLOG

ここからはじまりました

私の「ゴフスタインのニット」は、ここからはじまりました。

2008年の個展「てぷくろ展」で作ったこの「BAR BAR BAR手袋」から、ゴフスタインの絵本から着想したニットは始まっていました。

(*HOLY’Sホームページ「works」2008年てぶくろ展よりご参照ください。)

今回、改めて作ってみました。

 

HOLY’Sの手袋には、取り外し可能の紐がスリット手袋以外、大概の手袋に付いています。

(スリット手袋も、ご希望があれば紐を付けられます)

取り外しが出来る仕様は、考えました。

手袋の紐は、上着の袖に通して使います。

上着を着る前に紐を付けた手袋を付け、上着に腕を通します。

紐は袖の中を通ります。

作業中、手袋を外す必要がある時、手袋は袖口にぶら下がります、

HOLY’S手袋を購入して頂いた際には、必ず洗い方説明と、この「紐の使い方」の用紙を同封しています。

 

 

「エセルとアーネスト」

注文予約していたレイモンド・ブリッグズ「エセルとアーネスト」届きました。

再販はソフトカバー。

初版は、手の平サイズのハードカバーでした。

「スノーマン」や「さむがりやのサンタ」のブリッグズですが、名作はまだまだあります。

「エセルとアーネスト」は、自身の両親の半生を描いた作品。

小さな我が家を手に入れ、慎ましくも暖かな家庭を築く新婚夫婦からレイモンドが生まれ、やがて第二次世界大戦へと巻き込まれていきます。

イギリスの労働者階級の暮らしが生き生きと描かれており、

ジョン・レノンが歌う「A working class hero is something to be」です。愛しくなります。

2016年にイギリスで映画化され、今年日本でも上映されるそう。

 

追記

映画情報公開されました。

「エセルとアーネストふたりの物語」公式HP

 

 

水曜編み物クラブ

先日の水曜編み物クラブより。
夏日に戻った昨日も、汗を拭きながら編みます。

HOLY’S編み物クラブでは、作りたいものを作ります。
離れて暮らすお父様に送るダイスパターンのフェアアイルベスト。
初めて挑戦するフェアアイルベスト。
難しいけど、着たいからこそアランカーディガン。サイズもご自分でアレンジします。

深川珈琲さんの豆、ドミニカスロトロペリー淹れました。

「おいしい」いただきましたよー♪

 

クラブが終わって外に出ると、こんなもんもんの入道雲が。

夏は終わったと思っていたけど、

 

 

9月日曜編み物クラブ

おはようございます。
昨日の日曜編み物クラブより。
昨日もクラブの方が、BGM持ってきてくれました。

『リトル・ダンサー』『アメリ』サントラ盤。
どちらも劇場に足を運んだ、私にとっても印象深い映画です。
衣装や背景、音楽も自分にとってハマっていたし、
T-rexで踊るビリー、Dr.Martinを履くアメリに共感し、胸を高鳴らせていました。(笑)

 

昨日のクラブでは、夏の間はお忙しかった久しぶりのYさんより、
「これ編んでると落ち着かない?私、落ち着く」との言葉を頂きました。
シェットランドヤーンが手にも編みやすく、心地良いことを言ってくださってると思いました。

オヤツは黒糖饅頭にしました。

実はこれ、生地を丸めて冷凍、食べる直前に蒸すことができます。

蒸し立てがおいしいから、クラブの途中から、鍋をチンチン鳴らしました。

ルームシューズ 23cm

「よる   とうさんは   ココアとクッキーをさがしてきます」

(ゴフスタイン作「ねむたいひとたち」より)

 

働くニット「ルームシューズ」

サイズ23cm

クリーム色  (Buttermilk)

内側には、ミントグリーンのコーデュロイで、地厚のフェルトを包んだ中敷が貼ってあります。

 

 

外側にはピッグスウェードが踵までステッチで縫い付けてあります。

シェットランドヤーン4本どりで編んだルームシューズは、軽くて暖かく作りました。

 

ボタンは、1900年代に使われたブリタニア女神が描かれたペニーコインを模したデザインです。

ヨーロッパで作られた古いボタンです。きっとこれはイギリス。

HOLY’S初期から少しずつ、形を変えて作り続けている定番のルームシューズ。

一足ずつサイズに合わせて、お作りしています。

 

1 2 3 4 5 6 7 132
1 2 3 4 5 6 7 132