HOLY'S BLOG

ヘチマ襟のカーディガン メンズのコーディネート

ヘチマ襟のカーディガンのメンズコーディネートやってみました。

デニムのジャンパーとの重ね着です。カウチンカーディガンの感覚でしょうか。
デニムオンデニム。
自分でもやってみたいコーディネートです。

裏ボタンは、イタリアンレザーです。

ヘチマ襟のアランカーディガン

先日お渡ししてきました、ヘチマ襟のカーディガンです。
自分の服とコーディネートしてみました。

スカートはペインターパンツ使用の杉綾デニムです。
女性が着るならボーイズニットのアウターとして。

縦型ポケット、袖はダブルになってます。

着丈 59cm
胸回り 108cm
袖丈 53cm

HOLY’Sでは、フェアアイルニットに使用するJamieson’s Shetland Spindrift を二本どりで、通常のアランニットより細かな目で編んでいます。 着心地軽く、保温性の高いアランカーディガンを目指しています。

#holysknit #jamiesonsofshetland #aranknit #カジュアルコーデ #ニットコーデ #maillot #ハリウッドランチマーケット #dannerboots

「かぜは どこへいくの」

何か一冊をと、ぐるぐる回った古本市で、やっとたどり着いたのは、
「かぜは どこへいくの」
(シャーロット・ゾロトウ さく ハワード・ノッツ え まつおかきょうこ やく)

「どうして、ひるは、おしまいになってしまうの?」と男の子がお母さんに聞くと、「よるがはじめられるようによ」とお母さんが答えます。
昼がおしまいになったら、お日さまは、別のところでお日さまとなり、
風はやんだら遠く行って、どこかでまた木を揺らします。 夜になり、月が出て、朝になると月はまた別の夜を照らし、
秋の落ち葉は、土に還り栄養となり、次の季節の葉や花となる。

終わることなく、ぐるぐると自然の営みは続いていき、おしまいになっちゃうものは何もないと、男の子は知るのです。

土曜の編み物クラブより

昨日の土曜編み物クラブより。
お正月の間に、フェアアイルベストの肩まで編んで接いで来られた彼女。
(ご自分で袖ぐりの減目も計算されて。すごい!)

袖ぐりとなるエキストラステッチを切るところから始まりました。

「ティリリリッティリー♪」でハサミを取り出し、
「アムロ行きまーす!」と切り始める彼女。わかるよ。(笑)

そんな気持ちで取り組んだら、なんでも超えていけるよね。

大事な仕事の時にはギューっと集中し、合間でみんなの様子を見ながら和ごましてくれる彼女に頭が下がります。
緩急の効いた話って気持ちいいです。

みせあいっこの新年会 vol.4

引き続きHOLY’S編み物クラブより、お知らせです。

今年もやります。
「みせあいっこの新年会」vol.4

日時 1月19日(土曜)11時~
会費 1000円
集合場所 大芝公園入り口

久しぶりや初めての方もどうぞ♪
編み物クラブで作ってる物を、見に来てください。
みせあいっこの後、お昼ご飯、ご一緒しましょう??

#holys編み物クラブ

1 2 3 4 5 6 7 8 9 116
1 2 3 4 5 6 7 8 9 116