HOLY'S BLOG

ハロウィンの週末

帰り道、商店街はハロウィンで賑わっていた。

日も暮れて随分経つというのに、仮装した子供も大人も飲食店の出店に群がり、広場ではディスコグラフティーな演奏が続いている。

古本屋の棚を眺め心を落ち着かせようにも、店の前にも人だかりがしていたのでやめた。

 

今日は、まだまともなご飯を食べてない。

午前中に現実逃避(部屋の片付けとか)でレーズンとクルミを摘み、編み物クラブでお出ししたおやつの味見でお腹は持っていた。

 

大人しくうちに帰ろう。

クラブで使ったカップやお皿の洗い物がそのまんまで残している。

 

出先はREADAN DEATの幸本紗奈さんの写真展で、それは私にとって観てよかったと感じる作品だった。

写真集ではなく、現像した写真として観れたことが。

被写体を持たない幸本さんの作品は、出版社や本屋からしたら売り難く、しかし出版したからにはそれなりの理由があり。

そんな話を店主から聞いていると、人と会って、心から会話をしたり、お腹の底から笑えたりすることが、タイミングの一致でしかあり得ないと思うと、何もない日々は大切な待機時間だとか、平凡すら彩りを感じるのは自分次第とか考えちゃって。

というのも、自分にもハロウィンの思い出があって、商店街の賑わいを横目に自転車で走り抜けると、するすると糸が引っ張られるように思い出され。

それは今でも心が温まるから。

 

人生2度目の一人暮らしを始め、いよいよ自営業のみで生きていくんだと決めた前回のマンションは、お隣が当時まだ学生のお嬢さんだった。

確か引っ越しをした2010年、10月も終わりの頃なら、長野での個展を終え、続いて広島での展示を控えていた頃だろう。

引越しして4ヶ月、個展も決めていたから、怒涛の夏を越えたはず。

私が作業に没頭の夕方、玄関のピンポンが鳴り、開けると隣の女の子だった。

「トリック・オア・トリート!

カボチャのケーキとカボチャの煮物。それに種を炒ったのも、どうぞ」

とタッパーを差し出してくれた。

まだぎこちないご近所付き合いの頃だったし、私は迫る地元での個展準備に、季節行事など眼中になく、全く面食らった。

彼女にとっては、学校行事の延長だったんだろう。

返事もろくにしなかったと思うが、手渡されたタッパーとまだ幼さの残る彼女の顔を今でもよく覚えている。

「ありがとう」とお礼を言った。

「タッパーはいつでも良いです」

タッパーの中には、小さなおかず入れに炒った種と、アルミホイルとラップで仕切られたケーキと煮物が行儀よく並んでいた。

 

それが彼女との、ご近所付き合いの始まりだった。

互いの調子の良し悪しも、階段ののぼり下りの足音で感じたり、自宅仕事の自分は、通勤の彼女に毎朝夕、心の中で「いってらっしゃい」と「おかえりなさい」を呟いていた。

一人暮らしのくせに料理好きな彼女から、買いすぎた大根や桃がベランダづたいに手渡され、私からは編み物クラブのおやつや、頂きすぎた心ばかりのお裾分けが、行ったりきたりした。

 

盆暮れとなると、彼女は帰省し、帰省先のない私から何もなくとも、毎回、故郷名物のサツマイモや、見たことのない郷土菓子を頂いた。

 

あの「トリック・オア・トリート」がなかったら、あの日の私は、積もる仕事をただ続け、声すら出してなかったし、それ以降、日曜の朝のたわいもない日向ぼっこも、羊雲を教えてもらうこともなかったろう。

 

社会人になった彼女が帰宅するなり、うっ潰すように泣く声を聞いて、胸が締め付けられたり、似た家庭環境で育ったことを打ち上けあったりしたことも、隣に住んだ偶然だけでは済ませ切れない7年間だった。

 

私が長く留守にする時には、郵便物を部屋の新聞受けに入れてくれたり、いつかは不審者退治にも協力しあったんだった。

 

彼女には感謝しても仕切れない。

 

彼女が私のSNSを見ることもこの先繋がることもないだろうし、このブログを読むこともないだろう。

 

私がこっちに引っ越して、一度引越し餅を持って行ったら、レターパックで引越し祝いかお返しだったのか、紅茶セットが送られてきた。

私の引越し餅になんか、お礼なんてしなくていいのに。

 

とにかく、出来た女の子だったし、かわいからしかった。

 

私の気持ちが届かぬとも、ふんわり風に乗って、彼女のぷっくりした頬(今は更に大人の女性になって、ぷっくりなんてしてないかもしれない)に触れてくれたらと思う。

 

 

 

 

働くカーディガン、仕様について

働くカーディガン。
シェットランドヤーン2本どりで、編んでいます。
働くセーターと同じく、身頃の継ぎ目なく編んであります。
ラグラン袖で肩周りも脇下もらすっきり、とても動きやすいです。

ポケット付いてます。
手やハンカチは、突っ込んでも大丈夫ですが、スマホや立派なお財布は、編み地が伸びますので、入れないでください。

とても軽くて暖かです。
シェットランドヤーンの特徴として、保温性が高く、湿気は逃してくれますので、体温調節もしやすいです。
毛布のようにくるまってもらえたらと思います。

 

@readan_deat
coordinate:Shiroe.
photography:Mituhiro Seimasa.

 

 

ひとつ前のブログで、セーターのように着た働くカーディガンの着用写真載せてます。

10月21日

編んでます。

友達の旦那さんは、私のことを「爆編みの人」と呼ぶそうです。

そんなにじゃないと思いますけど、速さのことでしょうか?

早くもないと思うけど。

聴いてます。

 

 

 

働くカーディガン日和

おはようございます。

今朝は、冷え込みましたね。

セーターの季節が到来したと感じます。

働くカーディガン、解禁しました。私の。

 

写真は、ご近所のお店番をされながら、スタイリストのお仕事もなさってる女性に、撮って頂きました。

何セットか撮って頂きました。

スタイリングも。

少しずつアップしていきたいと思っています。

レオポディウム・ニワレ

今年のエーデルワイスが出来ました。

「レオントポディウム・ニワレ」

ヨーロッパアルプスに生息。

イタリア半島東部からヨーロッパ南東部にかけて、高山で咲くウスユキソウの変種だそうです。

エーデルワイスはこれまでも作ってきましたが、今年作りたかったのは、これでした。

本当に厳しい寒さの中で育つのでしょう。

自分を守る羊毛に包まれたような花弁は、苞葉だそうです。

実物が叶わぬとも、それを見る人が作ったであろうエーデルワイスを見たいと、ヨーロッパ古着のお店に行きました。

確かチロル地方(オーストリアとイタリアをまたがるアルプス山脈東部)の洋服で、エーデルワイスをモチーフに、刺繍が施されたリネンの何か、

横川のCharmant で見た記憶があります。

私が見たのはもうなくて、

奥から、ウールのレディスジャケットを出していただきました。

その時のボタンがこれです。

チロル地方のエーデルワイスなら、レオントポディウム・ニワレかもしれません。

ジャケットは、袖が大きく膨らみ、ウエストはシェイプ、パイピングで縁取ってあります。

きっちりと正装をしないと似合いそうもありませんでしたが、このボタンが映えていたし、すてきでした。

真ん中の花には青のガラスが嵌っていて、このボタンがふんだんにジャケットに用いられています。

この凛とした白さを作れたらと思いました。

エーデルワイスの花言葉は、「高貴な勇気』「大切な思い出」「忍耐」。

レオントポディウムには、ライオンの足と言う意味があるそうです。

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 137
1 2 3 4 5 6 7 8 9 137