HOLY'S BLOG

10・11月編み物クラブとイベント

HOLY’S編み物クラブ開講日の変更と各イベントについて、お知らせです。

10月、11月は、新刊の発表イベントの予定がありまして、編み物クラブの開講日も変更があります。

たいへん申し訳ありませんが、カレンダーでお確かめの上、お申し込みください。

編み物クラブの詳細、申し込みリンクはこちらになります。

*尚、HOLY’S編み物クラブのお申し込みが集中する場合がございます。

ご希望に添えない場合もあります。ご理解、ご了承いただけると幸いです。

各イベントにつきましては、準備ができ次第、お知らせします。

今わかってるのですと、

10月30日(月)は、代官山蔦屋書店さんにて、ワークショップ行います。

11月17日(金)・18日(土)は、広島蔦屋書店さんにて、ワークショップです。

ワークショップにご興味持っていただいてる方へ、早めにお伝えできればと思いまして、

詳細は、決まり次第お知らせします。

どうぞ引き続き、よろしくおねがいいたします。

 

 

 

 

夏休みの宿題提出に

私がもし今、小学生なら、
夏休みの自由研究にまちがいなく、うさクマを大量に作ったと思う

そんなことをふと思ったけど、2年前の夏、私はその秋の「働くセーター写真展」に向けて、うさクマをたくさん作ったんだったと気づく

手先しか器用じゃないお友だちへ

コノヒトたちを作ってみませんか?

たぶん新学期
みんなの自由研究が
教室の後ろに飾られると
その休み時間には
男子たちの恰好の遊び道具になって
野球の球になったり
バットや剣になって
うさクマはブンブン振り回されてることでしょう

・・・

実際私は、夏休みの自由研究に、
母からもらったハギレを4枚はぎで色とりどりの
お手玉10個セットを作り、お手玉袋まで作りました。小5か、小6のこと。

そして新学期、私が見た光景が、この上に書いた様子です。お手玉は見事に教室中を飛び回りました。

時期、中身の小豆が飛び出し、お手玉の1個1個は小さくなりました。
私は飛び出た小豆を床から集めうちに持ち帰り、
またお手玉に入れて繕い、うちでひとり遊ぶのでした。

男子たちとは、仲良しだったと思う。
もうよく覚えていない。

 

*「HOLY’S USAKUMA BOOK」について詳細は、こちらになります。→

お求めはこちらからご覧ください。→

 

8月8日

両親と、双方の祖父母の墓参りを8月1日、早々に終わらせてしまった。

暑さの中の墓参りのハードルを早くクリアしてしまいたいという思いもあったし、大きな仕事の一区切りがあったから、お盆を待たずして、いつもの墓参りツアーを終わらせた。

車を持たず、電車を乗り継ぎ、田舎の墓参りに行くというのは、結構ハードだけど、母親が歩けなくなるまで続けていたことは、私も続けたいと思う。

 

この頃、お墓の存在が近くなっており、自分も歳を重ねたのだと思う。

 

40も半ばを過ぎたあたりから、友人、知人の見送りがいくつも重なった。

コミュニティの違う親しい友人を2人、半年の間に亡くしたことは、今でも結構な傷として、自分でもどう受け止めて良いのかわからない。

片方の友人は、ご家族に招いていただくご法要に参加することで、今まで少しずつ噛み砕けているのかもしれない。

もう片方の友人のご家族は、あまりに大きな支柱を失われた悲しみのためか、ひっそりとなさっていて、その気持ちもわからなくもない。なので勝手にお墓参りに行っている。

彼女とは、私が仕事が立て込んで、あえて距離をとっていた間に、病気が発覚し、あっという間に病状が進み亡くなったので、後悔ばかりが頭をもたげる。

今になってお墓参りに行くことで、償えるとでも思っているのか。

 

私は、自分に何か問題が降りかかると、彼女ならどうするか?をいつも考えている。

自分のことより人のことをと、動く人だった。

それが本当のしあわせなのかはわからない。

でも彼女は、自分がしたいと思う「人のこと」がいちばんの喜びだったと思う。

 

 

昨夜、「murmur magazine」主催の服部みれいさんのトークイベントに行った。

自分としては珍しく、こんな写真を撮っていただいた。久しぶりの友人にも会えたし、会自体もすごく素敵だったから。

 

7年前にも同じ主催で、広島郊外で行われたイベントに彼女と一緒に、バスに乗って行ったのだ。

服部みれいさんは、あの頃よりもさらにパワーアップしておられた。

世のみんながしあわせになるにはどうしたら良いのか?まず自分がしあわせであること、楽しくしあわせでいること。

それがトークのメインテーマだったと思う。

つくづく生きられなかったその2人の友人の分も、私は楽しく生きなくちゃ、と思ったんだ。

その話を彼女にしたいと思った。

いや、親族の墓参りが終わったら、彼女のお墓参りをしたいと思いながら、タイミングを見計らっていたのだ。

今朝起きて、水だけ飲んで、庭からユーカリの枝を切り、束にして友人の墓参りに出かけた。

彼女の街に近くなると、早朝から開店する八百屋さんで、彼女をピッタリのリンドウを買う。いい街だと思った。

途中、Googleマップのトラップにまんまと引っかかり、大きめの住宅街で、かなりの時間ウロウロしてしまった。

墓参りを終え、彼女と行ったレンレンコーヒーに行くと、モーニングセットが食べられる時間帯を、もうすでに過ぎていた。

あんなに余裕あると思っていたにも関わらず。

それなら、おいしい特製サンドイッチセットをいただく。

 

帰り、行き当たりばったりで、はるちゃんのpopgrumpyに寄ったり、行けなかったサプタ珈琲さんに寄って、さあもううちに帰って仕事に向かおうと自転車で走っていると、

広島駅裏の神社に足を止める。

その神社なら、鳥居からご神殿が近かった。

たったそれだけの理由で立ち寄ったのに、私はそこで夢のような光景に出会う。

 

「風鈴のお分け」というらしい。短冊に願いを書いて、神社に奉納すると、ご希望の方には、風鈴をのお持ち帰りができるという。

卵形と釣鐘型が合って、、云々。

あいにく私はその日の手持ちをほぼ使い果たしており、お賽銭しかできなかったけど、その光景や風鈴の音の恩恵をいただいた。

風がないでいたかと思うと、また風が戻ってくる。たくさんのささやきが、耳元をくすぐる。

また風がなぐ。

また風が戻ってくる。その繰り返し。

一瞬、彼女が風になって、私に聴かせてくれようとしてるんじゃないかと思った。

私が私の楽しむことを、もっと許していいんだよ。

そんな風に聞こえたんだ。

 

大人にも遊びは必要で、遊ぶ自分を責める必要はない。

今まで私は、許せてなかった。

どこまでが仕事で、どこまでが遊びかよくわからないこと職業で、私が私を許せなくて、誰が許すという?

私は、私を楽しんで生きなくちゃいけない。

彼女のためにも。

残された私たちのために。

 

 

 

湯船に浸かると、足首のあたりがピリピリとしみる。ショートパンツで、自転車をこいていたからだ。

普段、何時間も、足首が日にさらされることはない。

ああ、夏は、これがあったよと思い出す熱。

 

広島市中央図書館へ

先月、広島中央図書館に寄贈してきました「HOLY’S USAKUMA BOOK」
この度、郷土資料室にて、手に取って見ていただけるようになりました。

今は館内での閲覧のみですが、時期、貸し出し可能になるかもしれません。

「HOLY’S USAKUMA BOOK」は、自費出版なので、取り扱いのある本屋さんが限られており、今もご不便をおかけしているかと思います。

せめてもの足がかりになればと思い、図書館に寄贈してみることにしました。

きっかけは、図書館に勤めている友人から、
広島市内の図書館に拙著「働くセーター」が4冊も所蔵されてることを教えてもらったからです。
今は「USAKUMA BOOK」も、ラベルを貼ってもらって、郷土室の棚に収まっていると思います。→

こんなにうれしいことはありません。

お近くの図書館でも、もしリクエストしてみていただけると、うれしいです。

小さな冊子ですが、編み物の技術、小さな裁縫、編み残し糸の活用術など、詰まってます。

とうもろこしご飯

今年初、とうもろこしご飯

お家ご飯になかったメニューが
自分の食卓にのぼるようになったのは
友達のお家でいただいたからだ
お友達ご飯を作れるようになった私が今度はおうちご飯で母に食べてもらう番になれた

私の体が弱かったから
母は味付けご飯を作らなかった

今は感謝しながら
とうもろこしご飯を食べる

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 186
1 2 3 4 5 6 7 8 9 186