HOLY'S BLOG

「画家」より

ゴフスタイン「画家」より、

もうふたつの手袋作りました。

男性用と女性用と。

南スコットランドは、ダムフリーシャー州サンカ地方で作られていた、手袋のデザインと技法をアレンジ、

日本人の手に合わせて作りました。 「画家は神のようなもの。

だがつつましい。

 

神のように働きたいと願いながら

自分の意のままになるもの

絵の具をつかって。

 

画家は絵具を

うたわせようとする。」

 

 

 

 

紐は取り外しできます。

「作家」より

ゴフスタイン「作家」より、ふたつの手袋を作りました。

男性サイズと女性サイズ。

スコットランドはディルズ地方デント村に伝わる伝統的手袋より、技法と日本人の手のサイズに合わせてアレンジしました。

 

「作家は   ソファに座って   考えをあたためている。

やがて   紙に   言葉をおき、

それを切り、刈り込み、設計し、形をととのえる。」

 

 

紐は取り外しできます。

 

働く手袋

 

ゴフスタインの絵本にまつわる働く手袋、出来上がりました。

 

 

「作家」「画家」の二作品から着想しました。

 

デザインの元となっているのは、スコットランドの伝統的手袋、

サンカ手袋と、デント手袋を日本人の手に合わせて作りました。

「作家」と「画家」

どちらも光と影を表現する仕事だと考えていました。

手袋でどう表現するか。

ハナレグミの「光と影」を何度も聴いていました。

 

また、この4組の手袋は、連作のように思って作りました。

この二作品の中でゴフスタインが描く世界のように。

 

日曜編み物クラブより

HOLY’S編み物クラブより

今日は8月最初の編み物クラブでした。

日曜チームのメンバーは、次の秋冬に向けて、セーターを手掛けておられます。

長く通ってくださってる方の中に、手紡ぎや手織りもなさる方がいて、彼女が羊の原毛を見せてくれました。

リンカーン・ロングウールという毛足の長い羊毛。

紡いでも固めの糸となり、手編み糸には向かないそうですが、この色と艶。

紀元前6000〜7000年から続く、羊と暮らす人の歴史。

羊に魅せられてきた訳ですね。

*『羊の博物誌』日本ヴォーグ社刊より

レモンケーキ

 

おはようございます。
急に暑くなりました。お元気ですか?

 

広島の瀬戸内はレモンの島々です。
蒲刈の無農薬レモンを頂いたので、
レモンケーキを焼きました。

皮もすりおろして使えるから。

 

 

よく冷やして今日の編み物クラブで
お出しします。

冷たいケーキは、甘めに仕上げてみました。

 

今日もお元気でお過ごしください。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 132
1 2 3 4 5 6 7 8 9 132