HOLY'S BLOG

1月16日

今日こそ編み終わろうと、サイズ5のセーターを編み終わった。遅すぎる。忙しすぎた。

昨日まで、編み方リーフレットのことで走り回っていたので、編み終わるまでは気が張っていたが、なんだか急にポカンとする。

次のベストに取り掛かる。

年末、いやずっと慌ただしくて、この編む、作る日々の通常営業から遠のいていた気がする。

心が騒つく。多分、インプットが必要なのだ。もしくは旅。

HPにセーターオーダー依頼をいただき、今、お受けできない旨を伝える。信頼する編み手ではどうかと提案してみたが、私にとのこと。嬉しくも、いつかがいつ来るのか、オーダー会でしかお受けできない。いつになるかわからない約束をするのは胸が痛む。

編み方リーフレットの波は、少し収まったのか。うれしい悲鳴の売れ行きだ。落ち着くとまたそれはそれで困る。

 

ブルーグレーのマニュキュアを、このセーターを編んでいるうちに付けてみたいと塗ってみた。編みたい気持ちが勝って、親指だけで終わる。乾くのさえ待てない。

今日は、珍しく12時台に眠ることにする。

明日の朝日を見ることを楽しみにして。

七草もこえた筑前煮

年明けの展示に友達が訪ねてくれて、彼女の職場に出入りのある無農薬野菜を手土産にくれた。

今頃、筑前煮のようなものを炊いている。

「ようなもの」とは、干し椎茸も牛蒡も入っていないから。

鶏肉、里芋、金時人参。

それで立派な筑前煮だ、うちでは。こんにゃくだって入れたんだ。

母と二人暮らしとなり、母はこちらの予想以上に食べられなくなった。

とにかく小さくおかずを作る。

毎年、年越しに届いていた伯母からの野菜も、今年は届かなかった。

行き来の少ない我が親戚の最後の砦もなくなった。

こちらから連絡できるほどの余裕がない。

里芋がなければ筑前煮も作らない。

そんな季節感のなさだけが残り、いつも以上に慌ただしい年越しとなった。

母を思えば不憫になるけれど、それもこちらの思い過ごしかもしれない。いくらも食べられない母に、その瞬間、瞬間の心地よさがあれば、それ以上でもそれ以下でもなく、孤独さえ感じでいなければ、母の長かった人生も、報われるのかもしれない。

そんなことを思って、私は筑前煮を煮ながら、この煮物に慰められている。

かさねる冬の足元と

READAN DEATで過ごした3日間のどの時間も、すてきだった。
いそいそと食べるコンビニの肉まんも美味しかったし、ブリトーだってはじめて食べた。
お客さんがいらっしゃる時間も、いらっしゃらなくて編んでた時間も、初めて会った方とお話しする時間も、全部だ。

私にとって、本に囲まれ、人に会うのが、一番チューニングが合うのかもしれない。
テーブルを挟み、真向かいに座るのでもなく。
懐かしい友達の顔が見れれば尚更。何も話さなくていいし、話しても良い。

店主がふと指を伸ばした先を私も見る。背表紙をなぞる。
指先が動く先を私も追う。追ってもいいと許される。

十二分なやりとり。

そんな日の冬の足元です。

@readan_deat

「冬のおくりもの展」終わりました

3年めの働くセーターは、栗色のコーデュロイパンツと。
@readan_deat

おかげさまでHOLY’S「冬のおくりもの」展
昨日をもちまして、終了しました。
あたたかな3日間を、2022年のはじまりを、
READAN DEATで過ごせたことが、私にとって、何よりの栄養となりました。
お越しいただいたみなさん、本当にありがとうございます。

またお会いできる日を楽しみにしています!

2022.1.7.

HOLY’S 保里尚美

 

MUJIBOOKSにてタッセルキーホルダーのワークショップ

2022年2月5日(土)にMUJIBOOKS 広島PARCO店にて、シェットランドヤーンで作るタッセルキーホルダーのワークショップを行います。

Shetland yarnの原毛色でタッセルキーホルダーを作るワークショップを行います。
タッセルのネームには、ご自分の名前を刻印していただきます。
編めない方でも大丈夫です。
触り心地最高のタッセルキーホルダー。
あなたの大切な仕事道具に、お使いくださいませ。
お申し込みは、MUJIBOOKSのサイトから
2月5日(土)11〜13時
14時〜16時 の回があります。
こんな時こそ、手仕事を。
お互い、最善の予防をして、気をつけていきたいと思っています。
よろしくおねがいします。
1 2 3 4 5 6 7 8 9 172
1 2 3 4 5 6 7 8 9 172