HOLY'S BLOG

働くセーター肩に掛ける

おはようございます。
毎日ウールセーターが手放せなくなってきました。
シェットランドヤーン100%で編んだ働くセーター。
インナーが天然素材なら、シェットランドウールは、水分は逃してくれるので、蒸れません。

今日のような陽気には、要らなくなるかも。
脱いだセーター、どうしてますか?

秋のお出掛け日和になりそうですね。

 

働くセーター 北の大地の色

働くセーター、メンズサイズ着てもらいました。

彼女の身長は164cmです。
前後ろ着られるセーターです。

肩幅のある方、ざっくり着たい方はメンズサイズかいいかと思います。

使用糸Jamiesons of Shetland
Tundraという名前の毛糸です。
北の凍った大地の色。

働くカーディガン着てもらいました

働くカーディガン。

編み物クラブの方にモデルになって着てもらいました。

身長164cmの彼女です。

仕上がりの時、着丈が長かったかなと思いましたが、この丈で良かったようです。

男性が着たら、もう少し短くなりますね。

持ち物は全て彼女の私物です。

 

 

 

 

切れる鋏となって

編み物クラブに来てくださってるFさんのお父さんは、造船に関わる金型の、元を作る職人さんでした。

木材を削って、金型の元を作るのです。

引退されて、これからは包丁など刃物の研ぎを生業になさるそうです。

先日お願いした母の裁ち鋏と、和鋏が切れるようになって返ってきました。
和鋏は、祖母のものかもしれません。

今回、初めて目の当たりにしたFさんの刃物の扱い。

切れ味を確かめる慣れた手付きは、確かにお父さんから培ったものとして、話に聞くお父さんの印象が、私の中で立ち上がってくるのです。

ピカピカと見せるための研ぎと、切れる研ぎとは違うそうです。

合わせの調節もして頂きました。

道具が使えるようになるってうれしい。

 

今、夜中3時。夜更かししてしまった。

Fさんのお父さんは、もう数時間後には起きて、昨日考えた今日の仕事の段取りを思いながら顔を洗い、仕事を始められるのだろう。

働くカーディガン、メンズ

働くカーディガン、
メンズサイズ、出来ました。

ボタンは二種類あって、


木製のボタンと、

 

この⚓️模様の入った貝ボタンと
お選びください。

 

1 2 3 4 5 6 137
1 2 3 4 5 6 137