HOLY'S BLOG

ラグラン袖のアランカーディガン

出来ました!

オーダー主様に着て頂きました。
友人の旦那様です。夏の半袖シャツに無理やり着てもらったので、袖にゆとりが見られます。冬になって、長袖シャツを重ねたら、ちょうど良くなると思います。

後ろ姿は、撮るのを忘れましたので、こちら。

通常アランカーディガンは、前身頃のパターンをそのまま後ろ身頃に対象に並べ、センターの細いパターンで繋げてあるのですが、それだとちょうど背中でパターンが二分される感じになります。
それをしたくなくて、バスケットパターンを幅広にアレンジし、三つ編みロープパターンを追加しました。
これは単なる編み物オタク的なことです。

襟元。

左袖にポケット。

襟の形と、袖のポケットは、『世界の伝統ニット2 アイルランド アランセーター』(日本ヴォーグ社)に載ってた形を参考にしました。
襟の持ち出しは、お気に入りのmaillotのシャツにも似ています。
ポケットは、本では貼り付けになってましたが、玉ぶちポケットにアレンジしました。

ポケットは、両脇に付けてもよかったのですが、着るのが男子ですので、
ポケットある→物入れる→ニットであるにも関わらず、重い物でも入れる→寒いと手も突っ込む→容赦ない→ポケット破れる、伸びる、痛む。
という想像が付いたので却下。
袖なら、ちょっとポイントにもなるしと、玉ぶちで付けてみました。

ボタンは、イカリ柄(シャれた言い方だとアンカーっていうらしい)が入ってます。


身頃も袖も繋げて編んでいるので、接ぎ目はありません。

仕上げ洗いをしたら、編み地がとても柔らかくなりました。
重さも、一般アランに比べると、軽いです。多分、100g位は軽いと思います。

アランのラグラン袖カーディガンを編むのは、実は初めてでした。
長年の、「ラグラン袖のアランカーディガンを接ぎ目なく編めるんではないか?」が確かめられました。
さらなる改良の余地も感じています。

何度も計算した製図を書き直して自分で書いた物でさえ、迷って頭を捻ることもありましたが、結果オーライとなりました。

接ぎ目がないことで、着心地が良いんではないか?
シェットランドヤーンの二本どりで、通常のアランより細かい目で編んであるのは、相当あったかいのではないか?というふたつの予想は、この冬を越え、ご本人の口から漏れる時まで、お預けです。

バスケットパターンを編むのに、気がつくと、バスケットの目が飛んで編まれており、編んだ目を編み直すこともしばしば。やったことある方なら、「あるある」だと思います。

日記 その1

例の朝日新聞の話題になってる記事といい、私達は安保関連法案の訳のわからなさへの不満で、十分反対しえると思う。
憲法学者や政治家じゃないんだから、自分の考えが正しいとかなんとかなんて、説明仕切れないよ。
そこを追求するより、生活があるもの。
それでも、私は安倍総理が言ってることより、例の朝日新聞の大学院生が言われてることや、このブログの男性が書かれてること。http://bylines.news.yahoo.co.jp/miyazakitomoyuki/20150717-00047628/
そして、SEALDs KANSAIのともかさんのスピーチの方が、よっぽどよくわかるし、共感する。

ともかさんのスピーチ。
https://m.youtube.com/watch?v=Gu7zNMKYXts

先日、Facebookに投稿した文面ですけど、このブログにも記しておこうと思う。

うさぎがパンダに

昨日の夕方、もうすぐ赤ちゃんが生まれる編み物クラブのm子さん、本を返しにうちに寄ってくださいました。

本の返却、こちらはいつでも構わないのだけれど、ご本人にからしたら一大事だから、気になるよね。

先月は体調を崩されて入院、でもほんの数日間で大丈夫だったとのこと、それからもお元気で何よりです。

これをお渡ししようと用意していたら、

来られて真っ先にこれをくださいました。

かわいくて食べられない。でも、耳のあたりから齧ってみたい衝動に駆られます。

本当に、もうすぐのお腹でした。

30分ほどお話しして、旦那さんの待つ車へ帰られました。
編み物クラブへは、またいつでもいらしてくださいね。

今から生まれる命のことを考えると、つくづく私達の穏やかな国でありたいと思うのです。

チャイの入れ方を習いました

毎月第一日曜の出張編み物クラブでお世話になっている、八丁堀の紅茶屋さん、ピンカートンズスークにて、
「スークのチャイのいれ方 見せます コツ教えます」に参加して来ました。日曜のこと。

まずは卓上コンロで、店長が目の前で、いれ方を見せてくださいます。
そして、ひとりずつスパイスを選んで、実際に作らせて頂きましたので、しっかり身に付きました。
自分で今までいれてたやり方といくつも違ってて、それはネットで調べたいれ方なのでした。
どれとも違う、スパイスを入れるタイミングも紅茶の選び方も、牛乳の選び方も火加減も、全て目からウロコです。
そしてたちのぼってくるスークのチャイの香り。
自分がスークのプレーンなチャイが好きな訳がわかりました。
スパイスなしの茶葉だけのコクとまろやかさが、好きなのです。

もちろんスパイスのことも、惜しみなくお話しくださいます。それぞれの効果や扱い方など。

おいしく仕上がるちょっとしたコツを伝授くださる「チャイの30分講座」
8月は9日の日曜に。

基本的には、毎月第三日曜日。
14:00~
16:00~
定員 4~5名
参加費500円

★上記以外をご希望の方はこちらにご相談ください。

ご予約・お問い合わせは、
chaishop Pinkerton’s SOUK
TEL 082-227-1970

復習しました。

今朝は、生姜を擦ったのとシナモンを入れました♪

日本は戦争をしないと決めた国なんです

ニュースを聞きながら、仕事するのが辛い。
穏やかな気持ちで編みたい。そうじゃないと編み目が綺麗にできないから。

でも聞かずにはいられない。

70年前の戦争で、沢山の人も殺したし、殺されたから、戦争をしない国にしようって決めた国だったんじゃないの?私達の国は。
その戦争で、国の偉い人達が間違いを犯したから、国民が自分達を守るために憲法が出来たんじゃなかったけ?

国の偉い人達や権力を持つ人達が何をやってるのか、勝手な決まりを作られては、それは民主主義ではないから、日本には報道や表現の自由が、公平に、平等にできるし、しないといけないんじゃなかったけ?
今の報道は、何?
インターネットで、自分で調べる気持ちがないと、何もわかんないようになってないかな。
ニュースなんか、まるで煙を巻いちゃうような説明じゃないか。

四十才も過ぎて、こんな風にしか言えない恥を忍びながら、
そして自分も今まで何も言えなかった意気地なしだけど、
もっとフツーにこういう話もしようよって思うんだ。

意見が違っててもいいじゃないか。それで険悪な雰囲気になるのが怖い?
それだけのことで失う友人なら、私はもういらないです。

戦争する国にしたくないなら、話そうよって思うんだ。

1 133 134 135 136 137 138 139 140 141 161
1 133 134 135 136 137 138 139 140 141 161