HOLY'S BLOG

ぐらのルームシューズ

滑り込みで、ひろしま美術館で開催されていた「ぐりとぐら展」を観に行った。

お話ごと、巨体な本の見開きに、1m高さの通り抜け口が開いていて、小さな人達は必ずそこを潜って、また潜ってお母さんのところに戻るのだ。
「子供はしたいことをするんだ」と見ていると、小学校高学年か中学生と思われるお姉さんも、ひょいと屈んで、そこを通り抜けた。

私も、通り抜けた。
その先にすみれちゃんの、とびきり大きな固いかぼちゃが、あった。
緑のところどころに、草がまみれてるくまさんの、おおきな毛糸のボールがあった。

「ぐりとぐら」を素通りできる人なんて、いるんだろうか。
絶対にいないと思う。
少なくとも、日本で、子供だった人には。
お父さん、お母さんをした人には。
どんな人も、一瞬は心の中で、「ぐりとぐら、だ」って呟くだろう。
口の中がホットケーキになるはずだ。

うちに、ぐらのルームシューズがあります。

どうやら2007年位に作ったらしく。
同じ頃、図らずも青いルームシューズも作っており、ずっと撮影をお願いしている友人が、まるで「ぐりとぐら」のお揃いのルームシューズのように、写真に収めてくれている。

(HOLY’Sホームページ、works 2007を見て頂けたらと思います。
http://holys-knitting.com/works.html)

ぐりの青いルームシューズは、旅立ちました。
赤い、ぐらのだけが、今も手元にあります。
もしご希望の方がいらしたら、販売します。


中敷きは、5mm厚の圧縮フェルトをネル生地のブラックウオッチで、包んであります。
靴底から、踵の後ろまで、焦げ茶のスウェードが貼ってあり、滑り留めと、床からの冷たいの、遮断してくれます。


ボタンは、こんな感じです。
確かこのボタン、私が中学生の頃か、自分で編んだカーディガンに着けるために、選んで、多めに買ったボタンです。気に入っています。

足のサイズ、23~24cm。
つま先がゆったりしたデザインですので、靴下の重ね履きした上でも履けます。
14800円+消費税で、15984円になります。

もしご希望の方がいらしたら、HOLY’Sホームページの「Contact」より、お問い合わせくださいませ。

みせあいっこの会

編み物クラブよりお知らせです。

「みせあいっこの会」~編み物クラブってみんな、どんなもの作ってるのかな?~第2会

あります。

日時 10月19日(日)午後1時~5時

場所 ピンカートンズ・スーク 大テーブルにて。

参加費 なし

☆ご参加の方は、ワンオーダーお願いし
ます。
時間内出入り自由。
見学も自由です。(見学の方はオーダ ーされなくても大丈夫ですよ)

☆気になっておられる方も覗きにいらし てください。

☆当日連絡先 ピンカートンズ・スーク
tel082-227-1970

第一回めは、大盛り上がりでした。
今回も、みんなの作品交換試着、そして撮影会、オッケーです。
(もちろんお互いで、お願いしてみてねっ)
お久しぶりの方も、よかったらぜひお茶にいらして下さい。
初めての方も、もちろんどうぞ♪

編み物クラブ、日曜、水曜、土曜のメンバーが顔を合わせられるなんて、なんて嬉しいことなんでしょう!
しかも、作品も見られます!

たくさんおしゃべりした後は、ご自分のタイミングで、スークのおいしいお茶とケーキ(実費!(笑))を楽しんでくださいませ。


今月のケーキは、栗ですよー♪

*友人の、栗ケーキの写真おかりしました。

本の会 その4

続いております。
第一日曜編み物クラブ、お茶時間の本の会。

今回、参加人数が多かったので、私はノーエントリーです。
さて、どうでしょう、このラインナップ。
淡い色調のおーなり由子さんのイラスト詩集から、漫画『寄生獣』まで。
この振り幅、編み物クラブって、こんなにディープでしたか?
『寄生獣』感動の話題作だそうですね。映画にもなりました。私は、ちょっと、うぅっ、見れない。

漫画をお持ちくださったお二人、気が合うようですよ。前回も、漫画と発酵で、リンクしました。

『和菓子のアン』私も読みました。 デパ地下のひっそりとした和菓子屋さんコーナーの前を通る度に、妄想をせずにはいられなくなりました。

サボテンの写真集と世界中のお庭の写真集、すてきです。

では、皆さん、再来週は、「みせあいっこの会」ですよー♪

ルームシューズ


Shetland yarnの新色で、ルームシューズを作りました。
ツートンカラーのボタンルームシューズ。

中敷は、厚地の圧縮フェルトを、コート用ネップツィード生地で、包んでいます。

ボタンは、1900年代イギリスの1ペニー
銅貨を模しています。

混ざり毛糸のピンクも入ったブルーのボタンルームシューズは、シンプルに。

中敷。こちらは、目の詰まった厚地のプリントコットンで、包んでいます。
ちょうど、履き口からこんなパターンが覗きます。

ボタンも、シンプルながら存在感のある木のボタンにしてみました。

今、木のこういう雰囲気のあるボタンを彫れる職人さんはいなくなっているそうです。

このふたつのルームシューズは長野へ旅立ちました。
ツートンカラーは、さらに渋めな配色で、ミックスブルーの方の色違いでは、ミックスピンクの制作をと考えています。
ピンク、どうでしょう?長野のみなさん。(笑)
こちらも朝晩ぐっと冷え込んできましたよ~。

フットウォーマー 後記

前回のダンサーの女性より、メッセージを頂きました。
「足袋でもイケる」とのこと。
足袋を履いて異国の地で、踊ることもあるのでしょうか。

もちろんいけますね。
足袋と重ね履きして、草履も履けそうですね。

そういえば、子供の頃、別珍足袋を履かせてもらったことを思い出しました。

色のある別珍足袋に、フットウォーマーが覗いて、草履履き。

かわいいんじゃないかと、思われますよ。
着物繋がりが、偶然にも続いてます。


こんなパターンのも、作ってみました。

1 131 132 133 134 135 136 137 138 139 147
1 131 132 133 134 135 136 137 138 139 147