HOLY'S BLOG

毛糸の整理

個展終わりの用事に奔走する日々が続いている。
作ることの他に、個展準備にかけた時間だけ、片付けにもかかるということか。
今回は、ディスプレイにも毛糸をたくさん使ったので、元の位置に戻す量も多い。
同時に棚のホコリも落として、周りも拭いてと、やっているとキリがない。
色でまた分類して、右の物を左に、左の物を右に。
これだけはやっておかないと、作り始めるにも支障をきたすし、次に何が必要かの確認にもなる。
「困るのは自分、自分のため」と言い聞かせながら作業を続ける。

次第に無心になり、気持ちも良くなってくるのだけと、お客様の予定があるのにも間に合わず、ガタガタのままお迎えしてしまった。

今朝は寒かった。昨日の続き、あともう少し、とまた自分に言い聞かせている。

おかげさまで


個展が終わり、部屋の掃除とか、編み物クラブとか、風邪引きなどあり、正直まだ放心状態です。
原毛展、その地味さ加減に、果たしてどうなることやらと、始まるまで不安でしたが、私が原毛で作品を作る時のときめきを、感じてもらえたのかもしれないと、今は安堵しています。

長野のna-na分室、広島のcasicoの店主やスタッフはもとより、足を運んでくださった方々、ありがとうございます。
私は、何処を向いて、お礼を言えばいいんだろう。
この気持ちを、ちゃんとお返しできるんだろうか、と途方にくれてしまいます。
カワムラタマミ著『からだはみんな知っている』ふと開いたその本に、「今の自分にできること、それは、その人の永遠のファンクラブを結成することです。…そして、いつか自分なりのやり方で力になれるように、自分も力をつけていく決意をすることが、まわりまわつて恩返しにつながることでしょう。」
と、ありました。
この文章を読んで、少し救われました。そして、私は絶対にこのことを忘れてはならないと思います。

病み上がりな昨日の夕方、お隣から、かぼちゃの煮物が届きました。

ワークショップしました

casicoでのワークショップ、やりました。ドングリペンダントです。
小さいので、最初は皆さん難しかったようですが、丁寧に、仕事を進めて、仕上がりました。
お母様を待たせていたMちゃんの作品は、仕上げたらすぐに帰られたので、写真撮影に間に合いませんでした。

皆さん、自然と今日の装いに似合ったドングリの配色を選ばれました。

16時からのチームは、仕上がり後、身内話にすっかり花が咲いてしまい、うっかり撮影は忘れました。
みんな、すぐ胸にぶら下げてくれたこともあり。
嬉しい限りです。

明日、一時からのワークショップには、あと4名入れます。ご希望の方は、一時より少し前に、個展会場に、いらしてください。

折り返し地点

個展も中日、長野から考える徒終盤に入りました。


毎日思いも寄らない出来事が、あります。今日も、昨日も、一昨日も。

個展始まりました

昨日より、広島での個展始まりました。

会場が、改装されてました。前より、さらに、小部屋か、基地のような雰囲気で、木の香りもふんだんに、リラックスできます。


お客様に、試着して頂きました。

新作のレッグウォーマー、試作のです。
こんなバレエシューズも、履けます。
靴下のつま先と足首の痛み易い部分
はなくして、足首が覆われているので、あったかいです。
即売の他、長さも調整して、オーダーもお受けします。